秘書検定1級の合格体験記集

 当ページでは、秘書検定1級という最難関試験に合格された方の体験記を掲載しています。まだ2件だけですが、非常に参考になるとおもいます。

【N・Sさん(大学生)】

 講座を利用しました。秘書検定1級は範囲が広く、記述問題が多いので、講師の方に試験に出やすい部分を習い、理解できない部分は何度も質問しました。面接はロールプレイング方式です。これも講座で何パターンも想定した模擬面接を行い、ビデオに撮って自分で自分の動作を確認しました。

 これから社会人となり、上司の方や他のお客様が何を望んでいるのかを自分自身で察し、事前に行動できるように秘書としての仕事を全うしていこうと思いました。

【A・Nさん(社会人)】

 筆記試験の対策は、2級や準1級の知識を確実に覚えて、それを記述できるようにしました。1級の筆記試験は全て記述式だからです。早稲田教育出版の「完全独習」と「過去問題集」を使用し、知識を確実にしました。あやふやにしている箇所があると、記述問題では、全く歯がたたないということがあるので、確実に記述できるようにすることが大切です。

 あと、1回の受験でどうしても合格したかったので早稲田ワーキングスクールの1級筆記対策講座を受講しました。ポイントを絞り講義して下さるので分かりやすく、大変役に立ちました。ご自分で計画を立てて勉強に取り組める人は受講しなくても筆記には合格できると思います。

 面接試験の対策は、早稲田ワーキングスクールの面接対策講座を受講しました。面接は、自分一人では対策がたてにくく、筆記試験に合格しても、面接試験で不合格となる人が多いように、事前の準備と対策が必要だとおもいます。所作、表情、声の大きさなど審査も細かく、厳しいので、面接講座は受講されることをおすすめします。