秘書検定とは?

 昨今の宅建やパソコン資格などの「資格取得ブーム」で、注目している人も多いのではないでしょうか? 「ちょっと気になる」という方から、「資格を取得してみたい」という方まで是非参考にしていただければと思います。

 まず、秘書検定とは「文部科学省認定秘書技能検定試験」の略称です。財団法人「実務技能検定協会」が主催しています。

  「秘書」になるための基礎知識はもちろん、社会常識やマナーなども学べるため比較的に女性に人気のある資格ともいえるでしょう。

 社長の世話係というようなイメージを持たれる方も多いこの秘書検定という試験ですが、 あらゆる仕事上の効率化を手助けすると言った方が正解かもしれません。

 また、秘書になりたい人に限らず、ビジネスマナー、一般常識を 身につけたい方にもお勧めの資格となっています。

 電話応対やレポートの書き方など社会人としての基本を学ぶことができます。

 もちろん、この資格を取得したからといって、 秘書としてのスキルを完璧に身につけたということは言えませんが、 この資格を取得することにより、 履歴書にも記述できますし、一定以上の評価を得ることも可能です。

 そして、秘書検定の受検する資格に性別・年齢は制限がありません

  「これから社会人デビューを目指す就職活動生」、「仕事に関するスキルアップを図りたいと考えている社会人」、「育児を終えて仕事復帰するにあたって、自分をブラッシュアップしようと考えている奥様」などなど・・・。多くの方に取得メリットがある資格だと思いますヨ。

男性の受験者について

 男性でも「秘書検定を受けてみたい」という方はいらっしゃると思います。
でも「実際、受けづらいなぁ」と思っている方も多いのでは?

  うーん、もったいない!

  男性での受験者数が少ないからこそ、希少価値があるというものです。
「自己アピール」の場では、一層強みとなるハズです!(特に転職時など!)

秘書を本当に目指していないけれど・・・?

 1級クラスとなると現役の秘書さんも受験しているそうですが、必ずしも秘書を目指している必要性はありません。

  試験内容をみると、2級などは社会人として覚えておきたい事柄が多いです。正直言って、「知っていて損はない」ですよ!

  上司や取引先の会社で「おっ!」と思われる電話対応・立ち振る舞いを身につけておきたいものですネ!

本当に「秘書」を目指しているなら・・・

 「秘書検定」と並行して、「ビジネス文書検定」、「ビジネス実務マナー検定」などの受験をおすすめします!(詳しくは、「他にもあるある、こんな資格」にてご紹介します!)